初めて開業する方必見の情報とは

傾向を知る

会社清算の金額や価格の傾向について

経営などが苦しくなって会社清算を行うときには、弁護士や司法書士、税理士などに依頼することになります。 依頼したときにかかる金額は、それぞれの事務所によって異なってきます。 例えば、弁護士に依頼したときには全て任せると数十万円ぐらいかかりますし、格安代行に依頼したときは、15万円前後ぐらいになります。 司法書士などに依頼すると、会社清算の手続きの報酬代金と実費がかかります。 実費は、登記代金や官報公告の費用です。 そのため、会社清算を行うときにも、先にある程度の価格はかかると考えておいた方がよいです。 最近は、色々代行会社があるので比較して検討する傾向になっています。 また、解散してから清算活動になります。 清算活動期間は、法律で2か月以上と決まっていて、書類の準備期間や法務局の事務処理期間などを考えると、依頼してから清算が終わるまでは少なくとも3カ月はかかります。

日本の会社清算の歴史や変遷について

日本では、戦後急速に経済が発展してきました。 その中で、時代によって多くの会社が倒産や破産に追い込まれていき、会社清算を行ってきました。 会社清算とは、破産するほどの債務がなくても、将来性がないので会社を解散させたいときに行う手続きです。 負債が少なくても会社の経営が上手くいってなかったり赤字になりそうなとき、これ以上負債が大きくならないように清算を行います。 会社を清算するには、先に会社を解散させなければなりません。 そのためには、株主総会を開いて解散の議決を行い、解散にあたって清算人を選任してから清算業務を行います。 かつては、会社清算は会社の経営自体が苦しいので行うことが多かったですが、最近は後継者がいないために行うことも増えています。 これは、長い歴史の中で高齢化問題に直面している日本の現在の姿を現していて、今後も変遷していくと考えられます。