初めて開業する方必見の情報とは

工夫して利用する

税理士を上手に利用するための工夫

税理士は税金のプロですが、税金に関すること以外のも自分に業務に有利になるように、勉強しているひとは多くいます。会社設立に関することや、就業規則など、本来は司法書士や社会保険労務士が担当する案件に詳しい税理士もいます。会社の経営者ではなくても、税理士を利用することで便利なこともあります。サラリーマンや個人事業主で確定申告をする人には、税理士が持っている知識が役に立ちます。10万円を超えた場合の医療費控除など、知っていると得をすることもあります。会計ソフトがあるから税理士は必要ないと思う人もいるかもしれませんが、会計ソフトを使う場合でも簿記の知識は必須ですから、自分で勉強する時間が惜しい人は専門家を利用するほうがいいでしょう。

個人事業主が税理士を雇うメリット

個人事業主ですと、売上管理や帳簿記入も自分でやる必要があります。年末調整や確定申告の時期になって、必要な書類が揃わずに焦ったことがある人もいるでしょう。その心配をなくすためにも税理士を雇うのが便利です。経理業務は専門家にまかせて、本業に専念したほうが精神的にも楽でしょう。税金に関する事項を定めた税法には、いくつかの特例もあります。専門家以外がその内容まで熟知するのは大変ですので、税理士に丸投げするのが賢いやり方です。経理を担当してもらう社員を雇うよりも安上がりな場合も多く、専門家ならではのアドバイスも期待出来ます。納税額に税務署が納得いかなくて、税務調査が入るときなどにも心強い味方になってくれます。